Python2系とAnacondaをオンプレ環境でインストール


  • 追記
    • AnacondaにPythonが含まれていることを知らない時に書いた記事でした
    • PythonはAnacondaの中に含まれているためPythonを個別にインストールする必要はありません

Python2系とAnacondaをオンプレ環境でインストール

やりたいこと

  • 特殊な事情により以下の環境下でpython2系とAnacondaをインストールする
    • 外部ネットワークから遮断された環境
    • 既存の環境に影響を与えないこと
    • OSはMac

手順

インストーラーをダウンロード

事前準備

  • それぞれ以下のディレクトリに配置しスタートする
    • /Users/xxx/Desktop/data_analysis
  • 作業ディレクトリに移動
    • % cd /Users/xxx/Desktop/data_analysis
    • % ls
    • Anaconda2-4.3.1-MacOSX-x86_64.sh Python-2.7.13.tar.xz

Pythonをインストール

  • (追記)この作業は不要

  • tarを解凍

    • % tar zxvf Python-2.7.13.tar.xz
  • インストール
    • % cd Python-2.7.13
    • % ./configure
    • % make && make install
  • 実行ファイルのシンボリックリンク作成
    • % cd ..
    • % mkdir -p python/bin
    • % ln -s /Users/xxxx/Desktop/data_analysis/Python-2.7.13/python.exe /Users/xxx/Desktop/data_analysis/python/bin/python
    • 相対パスで指定する場合は指定の仕方に注意(自分用メモ)
  • 動作確認
    • % ./python/bin/python --version
    • Python 2.7.13

Anacondaをインストール

  • shellを実行
    • % sh Anaconda2-4.3.1-MacOSX-x86_64.sh
  • 対話形式で質問に答える
    • 本当にインストールするか
      • エンターを押す
    • 規約に同意するか
      • 下までスクロールしてyes
    • インストールするディレクトリを指定
      • /Users/xxx/Desktop/data_analysis/anaconda2
    • PATHに追記するかどうか
      • no
  • 動作確認
    • % ./anaconda2/bin/anaconda --version
    • anaconda Command line client (version 1.6.0)
    • (追記)
    • % ./anaconda2/bin/python --version
    • Python 2.7.13 :: Anaconda 4.3.1 (x86_64)

PATHの切り替え

  • .zshrc(もしくは.bashrc)を作成
    • touch .zshrc
  • 作成したファイルに以下の内容を追記する
    • export PATH="$HOME/Desktop/data_analysis/python/bin:$HOME/Desktop/data_analysis/anaconda2/bin:$PATH"
  • 作成した.zshrcを反映する
    • % source ./.zshrc
  • 動作確認
    • % python --version
    • Python 2.7.13
    • % which python
    • /Users/xxx/Desktop/data_analysis/python/bin/python
    • % anaconda --version
    • anaconda Command line client (version 1.6.0)
    • % which anaconda
    • /Users/xxx/Desktop/data_analysis/anaconda2/bin/anaconda

PATHの切り換えが必要ない場合

python

Anaconda

  • /usr/local/bin辺りにシンボリックリンクをはっておく
  • もしくは対話形式でPATH追記を問われた時にyesを選択しておく

springbootをサービスとして動かしたい

ishiis.net

59. Installing Spring Boot applications

EC2でjenkinsを動かす

これの通りにやったらできた

 

Amazon EC2 に Jenkins をインストールする | まくまく いろいろ ノート

herokuでjavaのバージョン指定

古いplayアプリを動かしたかったんだけどjdkは1.7でないと動かない
でもデフォルトで1.8で動いてしまう

 

system.properties というファイルを作ってそこに

java.runtime.version=1.7

って書けばOK

https://devcenter.heroku.com/articles/java-support#specifying-a-java-version

stylesheetのドキュメント

cssのドキュメントを作りたい

stylesheetガイドで検索するといろいろと出てきた

どれが今時なのかいまいちわからない

 

・styledocco
https://jacobrask.github.io/styledocco/

・kss
http://warpspire.com/kss/

hologram
http://trulia.github.io/hologram/

・kaleistyleguide
https://github.com/thomasdavis/kaleistyleguide

・frontnote
https://github.com/frontainer/frontnote

・sc5styleguide
http://styleguide.sc5.io/

 

springbootをproductionで起動

    • mvn package
    • java -jar target/springboot_sample-1.0.0-SNAPSHOT.jar
      • こんなエラーが出たら
target/springboot_sample-1.0.0-SNAPSHOT.jarにメイン・マニフェスト属性がありません
      • pom.xmlにmainメソッドがあるクラスを指定する
<properties>
<start-class>your.package.App</start-class>
</properties>